ダイエットが必要な基準とは

ダイエットを決意した人の中にはメタボリックシンドロームと診断された人も多いと思いますが、診断の基準はどのようになっているのでしょうか?まず内臓脂肪の蓄積をチェックするために腹囲を測ります。男性は85cm以上・女性は90cm以上あれば当てはまります。これに加えて、脂質異常(中性脂肪150mg/dL以上/HDLコレステロール40mg/dL未満)・高血圧(最高が130mmHg以上/最低が85mmHg以上)・高血糖(空腹時血糖値が110mg/dL以上)の中から2つ以上の基準に当てはまると、メタボリックシンドロームと診断されます。これらは食生活を見直すことで改善される事が多く、自然にダイエットにもつながっていきますから、まずはバランスのとれた食生活を心がけるようにしていきましょう。

メタボの診断基準とは

ある頃から会社の健康診断ではメタボ診断が加わるようになりました。その診断基準は、内臓脂肪の蓄積を示す腹囲に加え、血糖値、血圧、脂質の3つのうち2つがあてまることというものです。それと診断されたら、ダイエットを指示されます。動脈硬化を招く危険のあるメタボリックシンドロームの検査は、早期に病気を予防することを目的とするものでした。いまは広く認知されていることですが、それでもダイエットをしないのは何故なのでしょう。それは、この診断基準の数値と病気の統計的な因果関係を示すものがないためではないでしょうか。その必要性の重みを感じることができないからでしょう。

↑PAGE TOP