ダイエットで病気のリスク減少

メタボリックシンドロームとは、内臓に脂肪が蓄積している症状のことを言います。内臓脂肪が多いと、動脈硬化性疾患を始め、さまざまな病気がおきるリスクが高まります。リスクを減らすためには、ダイエットをして内臓脂肪を減らすことが大切です。メタボリックシンドロームの人は、カロリーの摂取が過剰であったり、運動不足であることが多いようです。ですから、食事と運動の両面からダイエットを行う必要があります。食事はカロリーを抑える他に、栄養バランスなども考えるようにします。運動は、負荷が軽いものでも長時間行えばカロリーを消費することができます。一番手軽な運動としは、歩くことがあります。

メタボ対策を考えよう

ダイエットは見た目の美しさはもちろんですが、健康のためにもとても大切です。肥満は多くの病気の元となるからです。現代人の食生活は過剰なカロリー摂取、脂肪分の取り過ぎからメタボが問題になっています。生活習慣が原因で肥満となるのがメタボですが、これが元になって心臓病や脳梗塞、脂肪肝、動脈硬化性疾患など、様々な病気のリスクが高まります。これらの病気のリスクを減らすためにダイエットは欠かせません。その際に単に食事の量を制限するだけではなく、内容も考えることが大切です。肉を控え、野菜を多くするだけでもかなりの改善が見られるようになります。

↑PAGE TOP